二重になる方法

自力で二重まぶたを作るために習慣付けること

セルフケアで二重まぶたを作るためには普段の生活習慣が重要になってきます。
今回は、二重まぶたを作るための習慣をご紹介します。

 

まず、脂肪を燃やし、目の周りの余分な脂肪を取ることが大切です。
そのためには、目の周りを温めて冷やすことが必要になってきます。
方法は簡単です。まず蒸しタオルを5分間目に乗せ、次に水で濡らした冷たいタオルを1分間乗せます。これを3回繰り返すことで目の周りの脂肪を取ることができます。
更に、目の周りのツボを押すことで血行を促進させ、より効果的に脂肪を取ることができます。

 

まぶたの周りの脂肪が取れ始めたら、二重のラインができやすい場所を探します。
目を見開き、眼球をなぞるようにしたところが、ラインが一番定着しやすい場所です。
その場所に毎日クセを付けましょう。アイプチについてるプッシャーやアメピンの丸い部分で優しくなぞり、線が付いたら上目遣いにしてみましょう。
これを毎日続けることで、自然と二重のラインができます。

奥二重でも綺麗に見えるメイク方法

二重だけれども、まぶたの脂肪が多く二重が隠れてしまっている状態のことを「奥二重」と言います。
奥二重の場合、普通の二重とは違うメイク方法が必要になります。
今回は奥二重でも綺麗に見せるメイク方法をご紹介します。

 

まず、上まぶたのアイカラーは明るいベージュや淡い色を使いましょう。
パールは控えめのマットなカラーを使うと、目の印象がはっきりとします。
この時、赤味のある色は使わないようにしましょう。赤みがある色は目を腫れぼったく見せてしまい、奥二重をより強調させてしまいます。

 

アイラインは細く、目尻からはみ出すくらいに塗りましょう。
自然に目を大きく見せるために、色はブラウンがオススメです。
アイラインを引く時は、まつ毛とまつ毛の間を塗るように、細くしっかり塗っていきます。そうすることで目の印象をはっきりさせることができます。
目尻からのアイラインは3mmほどはみ出して塗りましょう。少し下向きに流すように塗ると目を大きく見せることができます。

 

まつ毛は上げすぎないようにしましょう。上げすぎると目線がまつ毛にいってしまい、二重の印象が薄くなってしまいます。
マスカラをしっかり付けるだけで自然な角度でまつ毛が上がるので、ビューラーは一回か二回だけ使うようにしましょう。

二重まぶたに見えるメイク術

アイプチやアイライナーを使わず、二重まぶたにしたいという方は、アイシャドウを使ったアイメイク方法がオススメです。

 

まず、薄い色の付いたアイシャドウをアイホール全体に塗ります。
次に、アイホールに塗ったアイシャドウより濃いシャドウを、二重のラインにしたいところに塗ります。
眼球の上をなぞるように、線を描くように細いチップの先端で塗りましょう。
目を開けた時に二重のラインに見えるよう、アイシャドウの濃い色でまぶたの上にだまし絵を作るイメージで塗ります。

 

市販のアイシャドウは数色がセットになっている物が多いので、その中でも一番濃い色のアイシャドウを二重のラインに使うと綺麗に見せることができます。
普通でしたら濃い色のアイシャドウは目のキワに使いますが、この場合はアイシャドウではなくアイラインを塗りましょう。
アイラインは二重のラインとの色の差を付けるため、はっきりとした発色の黒がオススメです。全体のバランスが良く見えます。

 

普段のメイクを少し変えるだけで二重まぶたを作ることができます。
簡単な方法なので、是非お試しください。

アイプチの正しい使い方

二重まぶたにする道具として王道な物がアイプチです。
しかし、アイプチは肌への負担がかなり大きくなるため、夜は使わない、目が腫れている時は使わない、ファンデーションの前までにアイプチを終わらせておくなど、正しく使用しなければなりません。
今回は、正しいアイプチの使用方法をご紹介します。

 

まず、まぶたの上の余分な皮脂を優しく拭き取り綺麗にしておきます。
次に、付属のプッシャーでまぶたを軽く押さえながら、二重にしたい場所を決めます。
場所が決まったら、二重にするラインが目の中央にくるようにアイプチを塗ります。この際、ムラなく薄く伸ばすのがポイントです。
また、まつ毛の生え際から2〜3mmは離して塗るようにしましょう。
アイプチの液が半透明になったら、再びプッシャーで二重のラインを押しながら目を開けます。この時に上目使いで目を開けると綺麗にラインができます。
ラインができたら一回プッシャーをゆっくり外し、目頭から綺麗に整えたら完成です。

 

アイプチは慣れるまでに上手くラインが作れなかったり、その上から化粧をするのが大変だったりします。
アイプチを使う場合は、何回も使って慣れるのが重要です。

目を大きく見せる!二重まぶたを強調するメイク方法

二重まぶたを強調し、大きな目を作りたいという方は少なくないと思います。
実際、様々なメディアで目を大きくするメイク術などが紹介されています。
今回は、簡単に二重を強調し目を大きく見せるメイク方法をご紹介します。

 

まず、アイラインは極細の筆を使い、目の際のギリギリに描きましょう。二重を潰さないように描くのがポイントです。
まつ毛の間を埋めるように描くと綺麗に描けます。
目尻は1cm程度はみ出すように描きます。この時、下向きに描くことでタレ目効果になり、目を大きく見せることができます。

 

アイホールはなるべく薄い色を塗りましょう。二重幅より少し上までは薄い色で、二重を強調しましょう。
グラデーションでアイホールを埋めると二重が目立たなくなってしまうので、アイシャドウは使用しても二色までにしておきましょう。

 

マスカラは上向きを意識するのではなく、下まつげを意識しましょう。
下のまつげを長く太く描くことで、目を大きく見せることができます。
ビューラーで上まつげを上げすぎると二重が見えにくくなってしまいます。

 

また、目頭に白いラメを付けることで涙袋メイクを作り、目を大きく見せることができます。
涙袋を作ることで目の下の余白を埋め、小顔効果も期待できます。